コロナ禍で社会のあらゆる「普通」が普通じゃなくなっている中、実は7月後半から転職活動を始めました。

わたしは現在アラサーど真ん中(つまり三十路を過ぎた直後)。近い将来、出産や育児などでライフスタイルが大きく変わることが予想されるこのタイミングでは、環境を変えるのにとてつもなく勇気が必要です。それでも、転職を決意しました。

同じような境遇の方の参考になることを願いながら、今回の転職活動が終わるまでのことを書き残していこうと思っていますが、ほぼ日記のようなものだと捉えていただきゆるい気持ちで読んでもらえたら嬉しいです。

このタイミングで転職を決意した3つの理由

難易度の高い(と自分では思っている)状況で転職を決意したわたしですが、実は「正社員→正社員」の本格的な転職活動は今回が初めて。まずは、行動に踏み切った理由をご紹介します。

会社自体のモチベーションの低さ

一番の理由がこれです。今の会社は「企業としての目標」がなく、業務を行う上で目指すものを定められません。

それにより、管理職は個人の考え方だけを基準として指示を出していくので、部署によって業務のクオリティにばらつきがあります。もちろん、企業としての目標がないので各社員の業務について目標設定や評価をすることもできず、スキル向上やモチベーション維持のための材料がほぼゼロなのです。

さらに、社内に人事部がないので(取りまとめている責任者もはっきりしていない)、社員の昇給や賞与の基準もあいまいです。

また、平均年齢が高いこともあり、会社を良くしていくための動きや、新しいものを取り入れていく空気がありません。

わたしは遠慮せずに業務改善などの提案をどんどんするタイプですが、大体の場合、提案内容自体を検討してもらう以前に「新しいやり方を浸透させるのは無理でしょ」などと言われてしまいます。せっかく作った提案書にまともに目を通してもらうことすらできずに終わることも少なくないのです。

こんな場面に何度も出くわした結果、「愛社精神」はゼロを通り越してマイナスになりました

産休・育休後に「復帰したい」と思える会社で働きたい

わたしは結婚して約2年ほどですが、まだ子どもはいません。年齢的にそろそろかなと考えてはいますが、出産後も仕事は続けていきたいと思っています。

結婚当初は、この先しばらくは今の会社に勤め続けるつもりでいましたが、前述した会社の空気感などもあり、「今すでにモチベーションを保てていない仕事を、子育てをしながらも続けていきたいのか?」と考えるようになりました。

もしこの後すぐに子どもができたとして、今の会社で産休・育休を取ったら、「復帰しないまま辞める」ということは性格上できそうにないので、少なくともあと数年は転職が難しくなります。

ただ、ものすごいキャリアを持っているわけでもないわたしにとっては、転職する上で年齢も非常に重要です。自分のキャリアも大切にするのであれば、子どものいない今が転職のチャンスだと捉えました。

旦那から教わった「仕事は選ぶことができる」という発想

ぼんやりと転職を考え始めた頃から、もちろん旦那にも度々相談をしていました。その中で、旦那が何かの受け売りで教えてくれたのが

「仕事や会社に文句を言ってる人はたくさんいるけど、自分で仕事を選べる時代なのに、どうして無理に続けるのか?」

という考え方。言われてみれば確かにそうなのですが、これを聞くまでは一切そんな発想はなかったのです。結果的にこれがきっかけとなり、行動に踏み切ることができました。

 

この時点のわたしの基本スペック

そんなこんなで転職活動を始めるわけですが、前提条件としてわたしの基本スペックをお伝えしておきます。

学歴・職歴

高卒(商業系高校)。進学はせず、しばらくフリーターでした。その後一度就職しましたが再びフリーターになり、最終的に20代半ばで現在の会社へ就職。

資格・免許

  • 英検3級
  • 電卓検定3級
  • 情報処理検定2級
  • 全商簿記検定2級(一般的な「日商簿記」より簡単)
  • ワープロ検定1級
  • 運転免許
  • 宅地建物取引士

見栄えがいいのは、今の会社に入ってから取った宅建くらいでしょうか。ちなみに実務は全く経験していない&今後もやりたいとは考えていません。同業種に転職すれば資格手当の支給対象になる場合がありますが、それは選択肢から外すつもりでいました。

経験してきた主な仕事

  • 飲食業(ファーストフード)
  • コールセンター
  • 一般事務
  • 経理
  • 販売促進

現在担当しているのは、経理と販売促進です。販売促進では自社ホームページの企画・更新やSNS運用、販促物作成などをしています。数年前から担当していますが、それまで社内で「販売促進担当」というポジションは存在しなかったため、外部セミナーなどを受講しながらの手探り状態。ですがその分裁量権は大きいです。


スポンサーリンク

【事前準備1】どの職種で転職するかを考える

年齢を考えると、これから完全に未経験の職種に移るというのはあまり現実的ではありません。(もちろん未経験OKの求人もたくさんありますが、これから挑戦したいと思う職種は今のところありませんでした)

現在担当している経理・販売促進に関してはどちらも好きで続けているので、このどちらかで求人を探していこうという点は比較的すぐに自分の中でまとまりました。

 

【事前準備2】職種以外の希望条件も考える

転職サイトで求人を探したりすることを考えると用意しておきたいのが、職種以外にもいろいろと設定できる「希望条件」。

まずは深く悩まずに、浮かんできた条件で素直に探していこうと考えました。

勤務地

今の会社は県内にあり、通勤時間は40分ほど。移動に時間を費やすのはもったいないので、今後も県内勤務が希望です。

年収

できれば現在と同水準をキープしたいところですが、別業種への転職であれば若干下がってしまうことも考えられます。下がったとしても-50万円くらいにとどめられるといいな…という感じでしょうか(家のローンもあるので)。福利厚生が充実している会社であれば、このあたりの見方はだいぶ変わってきそうです。

できたら叶えたいもの

  • 私服勤務
  • 年間休日120日以上

今が平日休みなので土日祝休みへのこだわりは全くないのですが、「年間休日120日以上」を叶えるとなると、必然的に土日祝休みの会社を選ぶことになりそうです。

 

「今できる最良の選択」をテーマに、とにかく活動開始

自分のスキルや年齢などを踏まえて、いわゆる「市場価値」というものがどのくらいなのかは全く分かりませんが、時間に余裕があるわけでもないのでとにかく行動してみることに。

この先まだまだ仕事をしていくであろう自分のために今できる最良の選択をして、いずれ「あのとき勇気を出してよかった」と思えるような転職ができたらいいなと思っています。