今までの人生の約半分は、パーマをかけ続けています。

加えて、髪色は黒より茶色の方がしっくりくるタイプなので(前にパーソナルカラー診断を受けてそれが間違いじゃないことが分かった)、基本的にカラーもし続けている状態。

十数年もダメージを受け続けている髪を綺麗に保つのは至難の業です。

ひどい状態の髪を毎朝鏡で見て憂鬱な気持ちになるのが嫌だったので、伸ばすことを思い切ってやめてみました。

本当はセミロングぐらいが理想だった

比較的地味めな顔立ちを雰囲気でカバーするため、できればセミロングくらいでゆるふわパーマをかけたスタイルをキープするのが20代後半くらいから持ち続けていた理想でした。イメージ的には白石麻衣さんのような。あくまで髪形のお話です。

美容院には結構マメに行く方だったので、2ヵ月弱くらいに一度はカット&カラー(リタッチで済ませることもあり)。パーマは半年に一度くらいを目安にかけ直していました。

30歳目前になった頃から、ケアしきれない枝毛が発生

カットに行く度に毛先の痛んでいる部分を少しずつ取ってもらうことでまぁまぁいい感じにキープできていた髪でしたが、三十路が近付くにつれてとんでもない量の枝毛が。

美容院で整えてもらっても、気付けばすぐにまた大量発生するような状態になってしまったのです。

年齢的に髪質が変わってきたのか、乾燥が加速してきたのか…

洗い流さないトリートメントを付けて、ツヤ感の出るワックスを使ったりもしましたが、遠目から見ても枝毛の部分がプツプツと白く見えてしまって、なんともみすぼらしい状態。

洋服やアクセサリーで気合いを入れても、客観的に目が行ってしまうはきっとこのバサバサの髪だろうな…なんて思ってしまい、次に美容院に行くまでの期間、毎日憂鬱さを感じずにはいられませんでした。

ヘアケアには関心のある方だったので余計にショックを受ける

わたしはもともとミルボンのヘアケア製品が一番効果を感じられるので好きで、シャンプー・トリートメント・ワックスは全てミルボンで揃えていました。


それでもこんなに枝毛が発生するという自分の髪質に、更なるショックを受けます。

ついでに言えば、ドライヤーもちょっといいものを使っていたつもりで、LOUVREDO(ルーヴルドー)の「復元ドライヤー」というものを4年近く愛用してきました(現在同じものは販売していないようです)。

前に行ったフェイシャルサロンに置いてあって、使用感に感激して購入したのですが…効果はずっと続くものではなかったのか、もしくはわたしの髪質がひどすぎてケアしきれない状態だったのか。どちらでしょうか。

 

なんとか復活させるにはどうしたらいいか考えた

当初はもちろん長さをキープすることが大前提にあったので、もっとヘアケアに力を入れようと頑張ったりもしました。

シャンプーとトリートメントが今の自分の髪質に合っているかを見直したり、時間がない中でもドライヤーをなるべく丁寧にしたり。

それでも、改善の傾向は見られず。もやもやが徐々にイライラに変わってきます。

ある日「このイライラ、無駄じゃないか?」と気付く

仕事中も鏡を見てはイライラするようになりつつあった頃、ふと思ったのです。

「自分で勝手に設定した理想のためにストレス溜めてるのって、もしかして無駄?」

わたしが設定していたのは「目標」ではなく単なる「理想」なので、そこに向かうのは自分のエゴ的なものでしかありません。

そのために毎日イライラするくらいなら、その原因をなくせた方が精神衛生的によっぽどいい。

ということで、綺麗に管理できないぐらいならなくしてしまおう=一旦ばっさりカットしようという結論に至ったのです。

 

ばっさり切るときに美容師さんと話したこと

思い立ってわりとすぐに美容院を予約して、肩につかないくらいの長さにばっさり切ってもらいました。

それまでの経緯もお話ししながらカットしてもらっている中で聞いたのですが、どんなにいい製品を使ってケアを頑張っていても、ダメージが蓄積し続けた結果どうにもならないということは全然あるそうですね。当時のわたしの枝毛はそういうことだったんだと思います(本当に見たことないぐらいのひどい状態でした)。

それから数か月経った今では、元気を取り戻した髪に懲りずにパーマをかけて、短めのゆるふわスタイルを楽しんでいます。ドライヤーもセットも本当に本当に楽!!でも今後は、パーマやカラーの頻度を少し見直していこうと思っています。

自分の選択で自分を楽にしてあげられることがないか、もっと探してみようと思いました。みなさんもぜひ。