パラレルワーカーへの道

フリーランスでいろんなことしながら暮らしたい

SHElikes入会から2ヶ月。ついにWEBデザインコースを卒業!

カレンダーと花

 

オンラインスクール【SHElikes】に入会してから約2ヶ月。

 

※記事の投稿は10月ですが、実際に入会したのは9月の出来事でした

 

 

先日、無事にWEBデザインコースを卒業しました!

 

まずは一区切りということで、心が折れかけながらも地道に頑張ったこの2ヶ月間をまとめます。

 

SHElikesの「卒業」の定義=「卒業制作で合格点を取ること」

SHEで学べるWEBデザイン関係のコースは

  • WEBデザイン入門
  • WEBデザイン

の2種類があります。

 

WEBデザイン入門コースではバナー制作を、WEBデザインコースではサイト制作を学びます。

後者のWEBデザインコースでは全レッスン受講後に「卒業制作」を提出して採点を受け、基準点(80点)以上を取ることで合格=卒業ということになるのです。

 

卒業制作は、好きなテーマで一つのサイトを完成させるというもの。

わたしは事業内容を想像しやすいものにしたかったので、自分がファーストフードでアルバイトをしていることもあり、飲食店のサイトを制作しようということだけはレッスン受講中から決まっていました。

仕事以外の時間は勉強〜制作に全振り

タスクは早く消化していきたいタイプのわたしは、レッスン受講の段階から、休日だけでなく仕事の日の夜もほとんどの時間をSHEに費やしていました。(旦那の理解のおかげで、夕食作りも結構な割合でさぼれていた)

 

レッスンの終盤に差しかかった頃、ちょうど会社の最終出勤を終えて有休消化に入ったので、それからは1日12時間くらいを充てられるように。

 

週2日程度の副業のアルバイトの時間以外はほぼずっとパソコンに向かう生活になり、その勢いのまま卒業制作の準備を始めました。

 

卒業制作に取りかかる前に、書籍で復習&知識の補填

ただ、レッスンを一周しただけの状態で卒業制作を始めるのは正直不安でした。

勉強すべきことは無限にあるはずなので上を見たらキリがないとは思いますが、SHEのレッスン内では軽く触れるだけだった部分など、かじる程度に知ってしまった部分をちゃんと理解したいという気持ちが強かったのです。

 

また、SHE以外からも知識をインプットすることで、同じ内容でも違った角度からの見方ができるのではないかとぼんやり思っていました。

 

そこで、一度SHEから離れ、復習も兼ねて書籍で勉強する期間を設けることに。

購入したのは、以前たまたま行き着いたWEBデザイナーさんのブログでお勧めされていたこちらの本です。

 

 

WEBデザイン関連の本を買ったのはこれが初めてでしたが、立ち読みして比較した他の本よりも解説がやさしく、分かりやすく感じました。

 

数日ほどかけて全ての演習を終えたときには心なしか自信がついて、SHEのレッスンを改めて見返したときにも、「分かる」という実感を得られるようになっていました。

このときの自分のレベルにぴったりの本だったなと思います。

心の準備もできたところで、いざ制作へ

ようやく「これなら卒業制作に挑戦できそう!」という気持ちになり、いざ制作開始。

デザイン制作で苦戦

サイト制作の目的やターゲットについてまとめたり、どんな情報が必要かを検討したりと、諸々の下準備を済ませてからPhotoshopでのデザイン制作に入りました。

 

楽しみにしていたデザインの作業ですが、ここでなかなかの苦戦。

 

レッスンでは事前に用意されたデザインをもとに「制作の流れ」を中心に学んでいたため気付きませんでしたが、いざオリジナルで作るとなると画像を一つ追加しただけでサイトの雰囲気が意図しない方向に変わってしまうなど、初めて経験する問題が頻発。頭を抱えることになったのです。

 

今思えば、最初から100%のものを作ろうとせずに「まずは添削してもらう」というくらいの気持ちで臨んでも良かったのですが、どうしても細かいこだわりが捨てきれず、微調整してはやり直すという流れを繰り返していました(こだわりを持つこと自体はいいことだと思っているのですが)。

 

それでもなんとか形になり、自分なりに納得のいくデザインが完成。

不慣れなPhotoshopでの作業にも毎日戸惑っていましたが、この頃にはだいぶスムーズに操作できるようになっていました。

コーディングでさらに苦戦

デザインが決まった後は、最難関ともいえるコーディングの作業。

 

デザイン段階ではただ画像を配置するだけで済んでいたものでも、コーディングで実装するとなるとやり方が分からないというケースがかなりたくさんありました。

一つのことを解決するために、先述した本での復習やネットでの検索を繰り返して、気がつくと数時間経っていたなんてことも。

 

「これ本当に完成するのか…?」と、若干心が折れそうになりながらの作業。

唯一のモチベーションの素は、時間がかかってでも思い通りに実装できたときの嬉しさでした。逆にいえば、これはちょっとクセになるポイントです。

 

 

アルバイトがあって丸一日作業できない日もありましたが、完成したのはコーディングに着手してから2週間ほど経った頃でした。

 

なんとか提出を終え、届いた採点結果はまさかの96点

想像以上の産みの苦しみを経験して、ようやく卒業制作を提出。

レベルとしてはまだまだでも、完成したサイトにはなんともいえない愛着が湧いていました。

 

そして約1週間後(やや忘れかけていた頃)の朝、SHEから採点完了メールが。

 

恐る恐る採点結果のページを見てみると…なんと96点!

「ターゲットに合ったデザイン」という点を高く評価していただけたようです。

 

SHEに入会してから、レッスンについていくのがやっとでこの先のことを不安に思う場面も何度かありましたが、このとき初めて大きな達成感を味わうことができました。  

苦労した分、これから仕事をするための大きな一歩になった

2ヶ月前はPhotoshopの操作もできず、コーディングも触り程度しか分からなかった自分が一つのサイトを作り上げたことで、SHEに入会してからの成長を感じることができました。

知らないことを「もっと学びたい」と思い積極的に行動できるようになったこともとても嬉しい変化で、今後クオリティの高い仕事をするために必要な力が自然と身についたのではないかと思います。

 

今回のサイト制作は卒業制作ではありますが、自分のポートフォリオに載せられる実績の第一号です。

採点結果の中では丁寧なフィードバックもいただいたので、ブラッシュアップしたものを実績掲載して、受注に繋げていかなくてはと思っています。

 

 

まだまだ始まったばかりのWEBデザイン学習ですが、自分に合ったやり方を見つけて今後もしっかり吸収していかなくてはと改めて感じた卒業制作でした。