パラレルワーカーへの道

フリーランスでいろんなことしながら暮らしたい

オンラインスクール【SHElikes】に入会。自分探し中の女性におすすめ

パソコンの画面を見つめる女の子

 

WEBデザインを仕事にできるレベルまで持っていくために重要なのが、勉強方法。

 

世の中には独学で成し遂げてしまうすごい方もたくさんいますが、わたしは独学にしてしまうと自分の好きな部分ばかりに偏ってしまう予感しかしなかったので、バランスよく学ぶためにスクールに入るつもりでいました。

 

今後の人生を大きく左右するかもしれないスクール選び。

いくつかのオンラインスクールを自分なりに比較した結果、【SHElikes】 にお世話になることにしました。

 

今回は、初めてのオンラインスクール選びについてまとめます。

 

候補になりそうなスクールをピックアップ

オンラインスクールの経験はほとんどないわたし。

コロナ禍になってすぐの頃、急にお金の不安に駆られて「ABCash」というサービスの体験をしたことがある程度でした。

 

 

 

今回のWEBデザインのスクール選びは、今後の仕事の基盤作りとも言える重要な場面。

 

いろいろなスクールのホームページや比較ブログなどでカリキュラムの詳細を調べ、

  • 全てのスクールに共通している内容
  • 一部のスクールのカリキュラムにしか含まれていない内容

これらを中心にチェックして、自分の学びたい内容と照らし合わせながら候補を絞っていきました。

 

メインで使用するソフトの記載があれば、そのソフトの使用感や費用についてもざっくりと検索。

料金システムはスクールによって違ったので重視しないことに

比較する上で当初は料金もかなり気にしていましたが、いろいろなスクールを見ていくと、料金システム自体が大きく違うケースがあり比較しづらいことに気がつきました。

大きく分けると、以下のようなパターンがあります。

 

  1. 最初に受講料を全額支払い ⇨無期限で受講可能
  2. 最初に入会金を支払い ⇨受講中は月額料が発生し続ける

 

受講期間がどのくらいになるかはこの時点で判断できなかったので、それであればカリキュラムを重視して、それに対しての費用として自分が納得して支払えるかどうかを優先することに。

自主学習タイプか、マンツーマン指導か

学習方法については、大半のスクールがテキストや動画を見ながら自主学習⇨わからないところがあればいつでも質問可能というタイプだったように思います。

一部のスクールではマンツーマン指導を売りにしていて、レッスン中は講師の方とビデオ通話で画面共有しながら指導を受けられるというものもありました。

 

わたしは一つ一つ自分のペースで進めていきたかったのと、ビデオ通話のために毎回身なりを整えるのはちょっと面倒に感じたので、迷わず自主学習タイプに絞ることに。

 

マンツーマン指導であれば毎回レッスンを予約するような流れになるんだと思うので、自主学習だとサボりがちになってしまう方や、手厚いサポートを希望する方にはよいのかもしれません。

 

最終候補となった2つのスクール

結構な数のスクールを見ていくうちに、自分が求めているスクールの色のようなものが徐々にわかってきました。

そして、最終的に絞った候補がTechAcademy [テックアカデミー]【SHElikes】です。

TechAcademy(テックアカデミー)

サイト内で「エンジニア」という言葉が多用されていることもあり、ちょっとハードルの高さを感じた部分はありましたが、1つの分野をかなり深掘りできて確実にスキルが身につきそうなイメージでした。

 

無料体験をすると実際の教材を見ながら体験できるとのことだったので、ほぼ本命のつもりで体験申込へ。

 

いざ教材を開いてみると、テックアカデミーで使用する教材はテキストベースだったようで、活字が得意ではないわたしはここでひるんでしまいます。

 

数ページほど教材に目を通して、一旦保留に。

SHElikes(シーライクス)

SHElikesは女性専用スクールで、とにかくサイトデザインが綺麗で可愛い。第一印象が抜群に良かったし、学習を続けていく上でのモチベーションにもなりそうでした。

 

SHEを紹介しているブログで「他のスクールよりに比べて内容がやや薄い」という感想を目にしましたが、WEBデザイン以外にも豊富に用意されたコースが定額で全て受け放題というのが売りのようなので、そこは一長一短かなと思います。

 

わたしは「とにかく細かいところまで勉強しなきゃ!!」という気持ちが先行していたので、テックアカデミーにそのまま入会することになるだろうと思っていたのですが、SHEでも無料体験ができたので「とりあえずやっておくか」くらいの気持ちで申込へ。

 

実際に体験を受けてみると内容が想像以上に濃かったので、次でまとめます。

SHElikesの無料体験の内容

SHEの無料体験は開催日時ごとの事前予約制で、zoomを使って数十人ほどが同時に受講する形式です。

わたしはできるだけすぐに体験をしたいと思い、予約可能な日程を調べたところ、翌日開催分でも予約ができたのでとても助かりました。

 

実際に受けてみると、SHEの場合は「体験」というよりも「説明会」に近いような雰囲気でした。内容は主に以下のものが中心です。

 

  1. SHEのコンセプトやシステム、カリキュラムについての説明
  2. 未経験からSHEで学習してキャリアチェンジした先輩からのお話
  3. レッスン内容の体験 ※入会後は動画での自主学習メインですが、体験ではリアルタイムの講義形式でした
  4. 最後にzoom上で個別の部屋に分けられ、今後のキャリアについての話・入会にあたっての質問・支払いシミュレーションなど自由な相談タイム

 

トータル約2時間。思っていたよりもボリュームのある内容でした。

 

先輩のお話を聞いたことで、幅広い分野の知識があることは今後仕事を取っていく上で確実に有利になるということが分かり、徐々に気持ちがSHEに揺れ始めます(いい客ですね)。

マーケティングやライター、以前から趣味でやっていたカメラなど、改めてコース一覧を見てみるととても魅力的に思えました。

個別相談タイムでひたすら疑問点を解消

個人的にありがたかったのは、最後の個別相談タイム。

 

SHEのホームページでは、公開中のコースは全て掲載されているものの、各コースで具体的にどんな学習をするのかなどカリキュラムの詳細が分かりませんでした。

個別相談の際にそのお話をしたところ、入会後に実際に使うマイページを見せていただくことができ、気になっているコースのカリキュラムが分かる画面をひたすらスクショ。疑問をしっかり解消できたように思います。

 

この時間内でキャリア相談なども可能でしたが、担当してくださる方はその道のプロというわけではないので(SHEの卒業生が担当しているケースが多いようです)、わたしは特にそういった相談はしませんでした。

 

話の流れで料金の支払いシミュレーションをしていただき(入会金が分割できることをここで初めて知る)、その場で入会すれば入会金1万円OFFというお誘いがありましたが、きちんと資金計画を立ててから入会したかったので、この時点では一旦保留に。

これで無料体験を終了しました。

 

【結果】今の自分にはSHElikesがぴったりだった

2つのスクールを体験後に改めて比較してみたところ、今の自分にはSHEが合っているという確信を持ちました。というのも、以下の理由からです。

 

  • SHEの教材は全て動画(慣れないソフトの操作も身につけやすそう)
  • いろいろなコースを受講することで、WEBデザイン単体で学ぶよりも視野が広がりそう
  • 自分が好きなことを新たに見つけられるかもしれない(今後の選択肢を増やせる)

 

「新しい何かに出会えそう」というワクワク感を味わったのはかなり久しぶりだったように思います。

カリキュラムに対しての費用感もわたしとしては納得できるものだったので、結局その日のうちに入会申込を済ませ、すぐに受講を開始しました。

 

 

ある程度の年齢になってから新たな挑戦をするのはなかなか勇気が要るもの。だからこそ、その時々の自分の気持ちや感覚を何よりも大切にすることで、後悔のない選択ができるような気がした出来事でした。

 

これからスクール選びをされる方の参考になりましたら幸いです!