パラレルワーカーへの道

フリーランスでいろんなことしながら暮らしたい

WEBデザインを学ぶ決意。長年の趣味が役に立つかも?【GaiaX〜geocities〜yaplog!など】

パソコンのキーボード上に座る猫


これから自分で仕事をしていく上で軸となる武器を作るために、何を学ぼうか考え始めました。

 

<これまでの経緯はこちらの記事でどうぞ>

 

検討期間は自分でも驚くほどの早さで終了し(わずか数日)、「WEBデザインの勉強をしよう」という結論に。

 

WEBデザインはわたしの希望条件である「在宅勤務」を実現できる可能性が高い仕事ですが、それだけが理由で選んだわけではありません。

今までの人生を振り返ると、WEB制作の分野に触れているときが一番熱中していたことに気付いたからです。

 

今回は、懐かしいサービスなどについて語りながら、自分のこれまでのWEBに関する経験をまとめてみようと思います。

 

【小学生〜中学生頃】趣味でホームページ制作に没頭

わたしが小学校高学年の頃、初めて自宅にパソコンがやってきました。

当時はまだまだインターネット初期で、「ネット=Yahoo!」というイメージの人が多かった時代。ブログのようなシステムはまだ存在しませんでした。

アイドルの「ファンサイト」というものがあることを知る

当時わたしはとあるアイドルグループにはまっていて、その情報を調べているうちに、ファンの方が個人で運営しているページ(通称:ファンサイト)にたびたび行き着きました。

 

運営している「管理人」、そこに通う「常連」。

独特の文化を知れば知るほど楽しく、掲示板への書き込みなどをし始め、次第に自分でもホームページ運営をしたいと思うようになります(「管理人さん」と呼ばれてみたかったんだと思います)。

GaiaXを使って管理人デビュー

ホームページを作るためにはどうしたらいいのか小学生なりに必死に調べた結果、無料でホームページ作成ができる「GaiaX(ガイアックス)」というサービスに出会いました。

 

このサービスは、2カラムのテンプレートに好きな画像やテキストを入れて簡単にホームページが作れるというもの。

自分のイメージがどんどん形になっていくことに衝撃を受け、すぐに夢中になりました。

 

GaiaXは既にサービスを終了していますが、当時のホームページをそっくり再現されているページを以前見つけ、定期的に訪問させていただき懐かしんでいます。

管理人様のご連絡先が分からずお話しはできていませんが、リンクを貼らせていただきます。

piyopiyo.secret.jp

 

また、この頃は「魔法のiらんど」など、携帯向けのホームページを作るサービスも流行っていました。

 

geocitiesで本格的な制作に挑戦

GaiaXでの運営に慣れてきた頃、通っていたファンサイトの中で「憧れのサイト」がいくつかありました。

縦長構成のトップページに、綺麗な背景やオリジナルのボタン、キラキラしたマウスポインターなど、自分のサイトとは"明らかに別物"だったのです。

 

当時の自分のページでの装飾は、トップページの文字を無意味に横スクロール+点滅させていた程度。

「わたしもレベルアップしてお洒落なサイトにしたい…!」と思い、憧れのサイトの運営に使われていた「geocities(ジオシティーズ)」に登録し、初めて本格的なHTMLでの制作に挑戦します。

 

何も分からないままスタートしましたが、このぐらいの時期になるとある程度の検索能力も身に付いていたようで、やりたいことはその都度調べながらちまちまと制作。

お洒落な装飾をするための「タグ配布サイト」からコピペを繰り返しているうちに、CSSのなんとなくの雰囲気も理解しました。

 

その後、一丁前に複数ページで構成されたファンサイトを公開。憧れのサイトと相互リンクしていただいたときの感動は未だに忘れられません。

途中で「NAVER(ネイバー)」のホームページサービスへ引っ越しました。理由は覚えていませんが、広告の表示・非表示などの違いだったんでしょうか。

 

この前後あたりで高機能な掲示板(当時大流行していた「もっと書き込み隊」)を設置したこともあり、徐々に常連さんが増加。

 

必要なアップデートを繰り返すうちに

  • サイトロゴ・バナー制作
  • 掲示板アイコン制作
  • (常連さんからオーダーを受け)GIFアニメーションの個人専用アイコン制作

などができるようになっていました(全てペイント使用の簡単なもの)。

今思うと、わたしのデザインデビューはこの時だったのかもしれません。

 

NAVERに移行して少し経った頃、部活を始めたり高校受験があったりした影響で、自然と更新頻度が低下。

ファンサイトブームもだいぶ落ち着いてきたので、一時的になんの目的もない個人サイトに切り替えて運営していましたが、最終的に 放置⇨閉鎖 の流れになりました。

 

【中学後半〜数年間】yaplog!でブログ開設&カスタマイズ

中学後半頃、GMOの「yaplog!(ヤプログ)」というサービスで初めてブログというものに触れます。

好きなテンプレートを選んですぐに日記を書き始められる、現在主流のブログサービスとほぼ同じ内容のものでした。

 

当時の「ブログ」は完全に日記として使われることがほとんどで、わたしも学校での出来事などを書いていましたが、記事の更新よりもテンプレートをCSSでカスタマイズすることが楽しくて毎日いじっていた気がします。

【20代後半】会社でWEB関係全般を担当

以前勤めていた会社で、ホームページのリニューアルに携わることになりました。

 

ファンサイト制作経験がまさかここで活きるとは思いませんでしたが、制作会社の方との打ち合わせ内容を比較的スムーズに理解できたり、こちらから変更依頼する点を的確に伝えることができたりと、プロジェクトの進捗に手応えを感じられる場面が多かったように思います。

 

リニューアル後、日々の更新時に使うシステムがWordpressだったため、簡単な操作はここで覚えることができました。

【30歳頃】 Wordpress・はてなブログでブログ開設

仕事で学んだ流れでWordpressをもっといじってみたくなり、エックスサーバーを使ってブログを立ち上げてみることにしました。サーバーレンタルはNAVER以来、約15年ぶりです。

 

有料テーマを購入したりいろいろやってみましたがあまり性に合わず、結局1年くらいで閉鎖。

同時期にはてなブログProを使って始めたブログの方が楽しくなってしまい、カスタマイズなどもしながら現在は2本のブログをマイペースに運営しています(このブログと、マクドナルドネタ専用ブログ)。

 

エックスサーバー契約時にXserverドメインで独自ドメインを取得していたので、こちらを継続利用してはてなブログに設定している状態です。

 

振り返ってみた結果、WEB制作はずっと身近なものだった

12歳頃からの自分を振り返ってみると、何かしらでWEB制作の分野に関わっていた期間が長く、少し驚きました。

さらにそのうちの大半は仕事ではなく個人的にやっていたものなので、自分では気付いていなかっただけで、昔からの立派な趣味だったんだと分かりちょっと嬉しくなっています。

 

短期集中で手に職をつけたい今、これらの経験を活かしてWEBデザイナーになることができたら過去の自分に全力で感謝できそうです。

WEB制作の"昔と今"の違いを楽しみながら勉強して、「好きな働き方」だけじゃなく「好きな仕事」も手に入れたいと思います。